上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みツーリングに行ってきた。
場所は最近かなりご無沙汰していた桧枝岐村。
もう最初に行ったのは30年近く前になると思う。
それから年1回ペースで行っていたのだが、ここ数年は全くだった。
h3.jpg

最初の頃は、秋の紅葉と蕎麦祭りにあわせ良く行ったものだ。
夏も、尾瀬沼ハイキング目的で行くことが多かったな。

ツーリングの時は、いつも桧枝岐林道、田代山林道、安ヶ森林道などを経由して行くのだが、今回は連れがオンロードバイクだったので林道は無しで下道の舗装路を使用した。
途中、7月末の豪雨災害の爪痕が多くあり、中には家屋が流され無残に崩壊していたし、道も寸断されているところがあった。
村も電気、電話などのインフラが絶たれ、復旧したのはつい先週だったそうだ。
幸い村の建物には大きな被害はなく、行くといつも利用させてもらうキリンテキャンプ場の管理をしている「みやまえ食堂」も、夕食をいつもとるレストラン「あした天気」も無事だった。

出発が朝4時と早かったので昼には村に到着し、まずはキャンプ場に向かい「みやまえ食堂」で受付を済ませた。

h1.jpg

余談だが、ここでぼくは「ドーナツのオオタ」と呼ばれている。

まだぼくが学生のころ、当時バイト先だったミスドのドーナツをお土産で持っていったところ、当時の管理人だったばあちゃんが、それまでそんな美味しいドーナツを食べたことがなかったそうでとても喜んでくれ、それ以来ぼくのことをドーナツのオオタと呼び、それは7年前にばあちゃんが亡くなり、娘さんである今の管理人さんになっても引き継がれいる。
そのため、今回の予約もしっかりドーナツのオオタで予約されていた。


荷物を置くと、ちょうど昼食頃なので、村名物の「裁ちそば」を食べに老舗の「まる家」さんで天ぷらそばを食べた。

h22.jpg

裁ちそばは、つなぎを使用しないいわゆる十割そばで、つゆのダシには岩魚を使っている美味しいソバだ。


食後はお茶をしに「あした天気」へ。
お店のHP
h5.jpg

ここも昔からこの村に泊ると必ず寄る村唯一のレストランで、店構えも村では珍しいログハウスでおしゃれなお店だ。料理も目の前の畑でとれた野菜やハーブを使った本格的な洋食を出してくれる。
オーナのご夫婦はいつも笑顔で迎えてくれて、美味しい料理を振る舞ってくれる。
ご主人もライダーで、暫くバイクから遠ざかっていたそうだが、最近250のロードバイクを買い、また乗り出したそうだ。
でも、あまりに久しぶりで勘が戻らず、後ろを車で追走していた奥さんがあきれるほどゆっくり走ってしまったそうだ(笑)

夕食もここでいただき、今回はタンドリーチキンのセットやソーセージ、ピザと少々食べ過ぎてしまった。
写真は、翌日帰る途中に挨拶に寄ったときのもの。
残念ながら旦那さんは朝風呂中で奥さんだけ撮らせてもらった。
朝で化粧をまだしていないからと遠慮していた奥さんに、遠目に撮りますからと言って撮ったのががこの写真。
奥さん、これでいいですか?(笑)

そうそうここへ最初にきたころはまだ幼い子供だった娘さんが今では結婚し子供もいると聞いてあらためて時の流れを感じてしまった。
実はこの日は自分の誕生日でもあったのだ。

さて、アフタヌーンティー?を済ませると暫くキャンプ場で昼寝をしてから温泉に向かった、入ったのは村に3つある共同浴場のひとつである「燧の湯」だ。
温泉の紹介HP
h4.jpg
露天風呂もあり、春は桜と桃、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色を楽しみながらゆっくりでき、施設もとても綺麗だ。
暑い中を走ってきて汗ばんだ身体もさっぱりし、その後のビールはまた格別ですな!(笑)



翌朝、すこし早目に起きると、一人で桧枝岐林道を走りに行ってきた。
h7.jpg
h6.jpg
002.jpg
003.jpg
h8.jpg
h9.jpg
この桧枝岐林道は、栃木側は荒れてしょっちゅう寸断されているのだが、こちら福島側はフラットでスピードがとても出せる気持ちのよい林道だ。この日も栃木側は崩落で抜けられないので峠で県境である帝釈山の馬坂峠までピストンで走った。

朝で標高も高いため、涼しいというよりは少し寒くも感じる中を、誰にも会わずとても気持ちの良いダートランを楽しめた。
それに引き換え首都圏に帰る道中の暑さにはまいってしまった。
愛車KTMも熱中症になったようで、クーラントを吹きまくっていた。

それにしても、久しぶりの桧枝岐は、やはりよかったな。
昔ほどの秘境というイメージは薄れたものの、それでも自然豊かで静かな村だ。
これから何回、いや何年来るのだろう?
いつまでも変わらずいて欲しい。

村の人たちもいつまでも元気でまた会えることを楽しみにしています!









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。