上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
届きました♪

前々から新しいニーブレイスが欲しかったのだが、なかなかふんぎりがつかなったた・・・・
そしたら、ニーブレイスの専門メーカーであるアスタリスク社から新製品が出た!
良かった~、早く買わなくて。
でも高いだろうな・・・と思ったら!
アメリカで買えば約5万円だって!!!!
日本で買えば10万ですよ!
円高ありがとう♪
で、ネットでアメリカのBTOsportsで購入しちゃいました♪
ultra.jpg
ultracell_low_web.jpg
従来のニーブレイスと比べるとかなり画期的です。
同じアスタリス社製と比べてもかなり変わっています。
最も特徴的なのはそのホールド方式。
ストラップワイヤーで仮留めすると、後はそのワイヤーをダイヤルで巻き取って脚をホールドするのだ。
逆に取り外しはそのダイヤルを引いてワイヤーをリリースするだけで簡単に外せる。
これはいい♪

とにかく脱着はとても簡単。
従来品はベルクロで固定するものが多いが、脱着は楽でも、モトパンをはくときにベルクロがモトパンの裏地にくっつき易くはきづらい場合がるが、これは全くそういうことは無くスムーズにモトパンがはける。
ホールド感も、専用のドライバで微調整ができてかなりよい。
しいて問題点をあげるなら、固定用のストラップワイヤーがかなり細く、耐久性がいまいち心配な気がする。
あとは、自分は問題ないが、ホールド装置のダイヤルなどが付いているため、ふくらはぎ部分がやや厚くなり、足が太い人はブーツが履きづらいかもしれない。

それでもこのニーブレイスは他社製品と比べると群を抜いている気がする。
さすがニーブレイスの専門メーカーであるアスタリスクだ。
これで膝も安心だ♪

余談だが、バハ1000で装着していたevsのニーブレイスはレース後にニーカップ部分が両膝とも割れていた。
恐らくロビー・ゴードンのモンスターマシンにひかれた時に割れたのだろうが、もしニーブレースをしていなかったことを想像するとゾッとする。
だって、足が後輪に巻き込まれて宙を舞ったときは、足がもぎ取れたと思ったもんな。

もうニーブレイスがないと怖くて走れないな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。