上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三日目はちょっと足をのばして恩納村にシーカヤック&シュノーケリングをやってきた。
目的は海水が青く神秘的に輝く「青の洞窟」へ行くことだ。

青の洞窟は陸から近づけず海からアプローチするしかないので、浜からカヤックで青の洞窟近くに上陸し、そこから泳いで洞窟の中に入るというものだ。
沖縄2009 030
ということで、まずはカヤックの準備だ。
前を歩くのは、ガイドをしてくれる女性アーチャンだ。
彼女も沖縄出身ではなく東京の人なのだが、沖縄の海が好きで半年前からこっちに住んでいるそうだ。
あ、横に割り込んでいるカールおじさんみたいのは無視して下さい(笑)

沖縄2009 035
正面の岩と崖の間を抜けた先に青の洞窟がある。
沖縄2009 036
カヤックはi以前に川で漕いだことがあるが海は初めてだ。
けっこう体力はいるが、やはり自力で海面を進むのは楽しいし気持いい。
また欲しくなってしまった(笑)

沖縄2009 060
やがて青の洞窟近くの別の洞窟に上陸。
ここへカヤックを置き、あとは泳いで青の洞窟へ向かうのだ。

青の洞窟に到着すると、本当に青く輝くので驚いた。
それほど期待はしていなかったのでなおさらだ。
沖縄2009 088
沖縄2009 047
上の二枚は洞窟の中の水中から外を見たところ。
沖縄2009 051
これは洞窟の中で水面を見たところ。より青白く輝いているのが良くわかる。
曇りでも青く見えるそうだが、今日は一段と青いそうだ。ついていたな。



洞窟にはダイバーも多く潜っていた。
ぼくも魚にエサをやってみたが、今度はぼくもボンベをしょって潜って魚に混じって泳いでみたいと思った。

ところで、今回ぼくの防水デジカメが大活躍だった。
砂漠のラリーで砂対策として買った防水カメラが、本来の用途で機能を発揮したわけだ。
ところが、このデジカメをなんと青の洞窟の中で落してしまった。
きがついた時は後の祭りでかなりショックを受けていると、なんとアーチャンが潜って拾ってきてくれた。
水深5Mはあるところを一気に潜って拾ってきてくれたのだが、見ていて超かっこよかった。
ぼくが女性で男性にこんな姿を見せられたら一発で惚れてしまうな(笑)

カメラの耐水圧が4Mだったので5Mの海底に沈み心配だったが大丈夫でほっとした。

沖縄2009 061
帰りはまたカヤックを漕いで戻るのだが、行きと違って風が強くなり、しかも向かい風で潮の流れもよくなかったので漕いで帰るのは困難ということで急遽、船を回してもらい船にカヤックごと乗ってしまい。風の影響を受けないところまで移動し、そこからまたカヤックを漕いで浜へ戻った。

つづく
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://duneboy.blog1.fc2.com/tb.php/272-011edcb6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。