上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エジプトで迎える元旦はまずホテルの裏山に登って初日の出を見ることにした。
IMG_9808.jpg
上に登ってみると風が強く寒い!
早いとこ日が出てくれと願っていると何かが視界で動いた。
キツネだ!
エジプトに来て売っていたラクダ以外では初めて動物を見た。
あっと言う間に居なくなったので写真は撮れなかった。
そういえば第二次世界大戦中に北アフリカ戦線で名を轟かせたドイツ軍の名将ロンメルが砂漠の狐と言われていたな。
ガキの頃にプラモデルにはまっていたときに名将の名がついたロンメル戦車を作ったな。ま、全然関係ないけど(笑)

そうこうしていると日の出を迎えた。
egypt 003
ハイ、初日の出が見れたらとっとと撤収!
egypt 153
ホテル朝食はこの外の食堂で頂く。
バイキングスタイルのメニューで味は・・・ノーコメントということでw
IMG_9785.jpg

今日は3組に分かれて行動することになった。
ぼくとA井さんとT内さんのモンゴルラリースト3人組はライディング優先のルートで黒砂漠へ、車組と残りバイク2人は白砂漠観光に行くことに。F宅さんは壊れたバイクの整備で今日1日はホテルの秘密基地に留まることにした。

出発前にT内さんのマシンのエンジンから異音がするというのでF宅さんに見てもらった。
症状を聞くとF宅さんはすぐに原因が分かったようでマシンを寝かすとクラッチケースを開けギヤシャフトナットを締めだした。
で、あっさり異音はしなくなった。
F宅さんが不良オヤジライダーだけではなくKTMのプロメカニックであったことを思い出した(笑)
egypt 158
最後にガスを入れようとしたら、街にひとつしかないガソリンスタンドがガス欠だそうだ。
IMG_9561.jpg
二日前からタンクは空で輸送待ちだそうだ。
でも心配は無用、秘密基地にちゃんとガスがドラムカンに備蓄してある。
問題はそのガスの入れ方だ。

まずはアミンの弟がドラムカンにホースを突っ込むと自分の口で吸いだしてからジェリ缶にガスを移している。
吸うときにゴボゴボと口の中にガソリンが入っているのにいっこうに気にしていないようだ。
ガソリンを口にしたことがある人なら分かるとと思うが、恐ろしく口が気持ち悪くなるし、場合によっては酔っぱらってしまうのに口に残ったガソリンを吐き出すと何事もなかったようにジェリ缶を運んでいった。

次にアミンはドラムカンを傾けてペットボトルを半分に切って口側の方をジョウゴとしてぼくに持たせガソリンを注ぎ出した。
今まで何度か給油したが、全てガソリンを入れるときはこのペットボトルを使って入れてきた。
ポンプやジョウゴが売っていないわけではないだろうが、彼らにとってはこれで十分なのだろうw

ぼくら黒砂漠組み3人は案内役のアミンと出発することになった。
ところがアミンが、乗るマシンがF宅さんの指示で自分のWR450からEXC520になりちょっとへこんでいた。
もしマシントラブルになったら同じマシンのほうが部品を共有できるのでKTMで行けと言われたからだ。
そう言えばアミンのWRはここへ来る三日前に買ったばかりだと言っていたな。
やっぱり自分のマシンに乗りたいのかな。それにKTMは嫌いらしいし(笑)

白砂漠組みはランクルとバイクとに乗り分けて出発した。
白砂漠は国定公園に指定され自然保護のために勝手に走りまわることはできず、車の車道を走らなければならないそうだ。
そんな白砂漠はこんな感じだったみたい。
RIMG0127.jpg
IMG_9817.jpg



行く途中でランクルのタイヤがバーストしてしまったそうだ。
RIMG0122.jpg
ドライバーのアミンの弟が「兄貴に怒られる・・・」とへこみまくっていたそうだ。
事実、帰ってきてからアミンに怒られていた(笑)

さて、黒砂漠のぼくらのレポは次回ということで。
<続く>



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://duneboy.blog1.fc2.com/tb.php/367-77c0973a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。